ギリシャ国債保証コスト、7週ぶり低水準-赤字削減策で鎮静化に期待

3日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、ギリシャ国債の保証コストが4日 連続で低下し、7週間ぶりの低水準を付けた。ギリシャ政府の追加 赤字削減策で、国債市場の混乱を鎮静化するとの観測が広がった。

CMAデータビジョンによると、ギリシャ国債のCDSスプレ ッドは前日比10.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 の309.5bpと、1月12日以来の低水準となった。

ポルトガル国債のCDSスプレッドは1.5bp低下の133bp、 スペイン国債も1.5bp下げ108bp、イタリア国債は3bp低下し 106bpとなった。

CDSスプレッド1bpは債務1000万ドルに対する期間5年の年 間保証料1000ドルを意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE