ロシア中銀筆頭副総裁:金保有高の引き上げを目指す方針-現地紙

ロシア中央銀行のウリュカエフ筆 頭副総裁は、同中銀が外貨準備の金保有高を引き上げるとの方針を明 らかにした。

同筆頭副総裁は、ロシア紙イズベスチヤに3日に掲載されたイン タビューで「金は常に生来の価値ある資産だ」と述べた。さらに「市 場に影響を及ぼすことなく、業界が生産できる限りの金を購入する」 と語った。同副総裁のコメントは同中銀関係者が確認した。

ロシア中銀は先月29日、金保有量が1月に10万オンス増加し、 計206万オンスになったことを明らかにした。ロシアの外貨準備は 4324億ドル(約38兆3930億円)。これは中国と日本に次いで世 界3位の規模。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE