中国移動:上海浦東発展銀へ出資で協議-電子決済サービス加速へ

加入者数で世界最大の電話会社、中 国のチャイナ・モバイル(中国移動)が、上海浦東発展銀行に出資す る方向で協議している。世界最大の電話市場、中国での電子決済サー ビスの発展を促したい考え。

チャイナ・モバイルは香港証券取引所に3日提出した資料で、双 方が合意に達すれば詳細を開示すると説明した。協議に関与している 関係者2人によれば、同社は中国国際金融(CICC)を財務アドバ イザーに起用。秘密保持契約を結んでいるとの理由で匿名を条件に語 った。

国泰君安証券は、チャイナ・モバイルが上海浦東発展銀の全株式 の20%を約59億ドル(約5240億円)で取得することを目指している とみている。両社が提携すれば、競合するアリババ・グループ・ホー ルディングの決済サービスから利用者を奪う可能性がある。また、中 国の銀行による与信が膨らむ中、上海浦東発展銀にとっては資本増強 につながる。

国泰君安証券のアナリスト、伍永剛氏は先週のリポートで、チャ イナ・モバイルは上海浦東発展銀の株式22億株を1株当たり17.82 元で取得する公算だと指摘していた。情報源は示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE