ユーロ圏諸国はECBによる国債格付けを望む-ハンデルスブラット

ユーロ圏各国は欧州中央銀行(EC B)が新たな国債格付けシステムを創設し、格付け会社への依存を低 下させることを望んでいる。ドイツ紙ハンデルスブラットが報じた。

同紙は複数のECB当局者の話として、ECBは格付け会社のム ーディーズ・インベスターズ・サービスが現時点で、ギリシャの状態 について国際市場で大きな影響力を持ち過ぎていることを懸念してい ると報じた。当局者の名前は明記していない。

ムーディーズの現在のギリシャ格付けは「A2」と、スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)とフィッチ・レーティングスの水準 に比べ2段階高い。ムーディーズが他の2社と同等の水準にギリシャ を格下げした場合、ECBが年末に担保の規則を危機前のものに戻し た時点でギリシャ国債は担保として不適格になる。

ユーロ圏内の国債格付けシステムを創設する案はECB内で支持 を獲得し始めていると同紙は報じた。実現の時期は不明だと付け加え ている。ギリシャの財政危機を踏まえ、ECBは慎重に行動する必要 があるとも指摘した。

-Editor: John Fraher

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Jana Randow in Frankfurt at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net. 記事に関する記者への問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE