日銀総裁:国債保有のリスクプレミアムは高まっていない

日本銀行の白川方明総裁は3日夕 の参院予算委員会で、国内金利動向について「物価の下落圧力はしば らく続くという経済や物価に対する市場の慎重な見方を反映している」 と述べる一方、「現在のところ国債保有に伴うリスクプレミアム(上 乗せ金利)は高まっていないというふうにみえる」との見方を示した。 民主党の平野達男氏への答弁。

白川総裁はその要因として「政府と日銀がしっかりと政策を行っ ていくことへの信頼が得られている」ことを挙げ、「中央銀行として はそうした信頼をしっかり得ていくことを通じて長期金利の安定的な 形成へ努力していきたい」と述べた。

また、財政・金融政策運営に関しては「経済や金融市場が安定を 取り戻すにつれて、市場参加者は今度は財政赤字や財政規律の問題に 関心を移しつつある」と指摘。その上で「景気の回復を確かなものに すると同時に、市場の安定を維持する観点から財政運営、金融政策の 運営に対して市場からの信認を維持することが大事だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE