今日の国内市況:株続伸・債券安、ユーロ上昇-ギリシャ懸念緩和

東京株式相場は4日続伸。ギリシ ャ政府が追加の財政赤字削減措置を3日に発表することになり、同問 題への過度の懸念が後退した。海外景気に敏感な業種・銘柄に買いが 先行。2月の米国販売が予想ほど減らなかったトヨタ自動車や業績好 転観測の広がった旭硝子が上げた。商品市況高を受けた資源関連、1 月の輸出量が増えた鉄鋼株も高い。

ただ、為替相場の動向や5日発表の米雇用統計を見極めたいとの 姿勢も強く、上げ幅は限定的。日経平均株価の終値は前日比31円30 銭(0.3%)高の1万253円14銭、TOPIXは2.94ポイント (0.3%)高の905.65。東証1部33業種の騰落は上昇率1位の鉄鋼 をはじめ、ガラス・土石製品、その他製品、輸送用機器、卸売など上 昇21、下落12。値上がり銘柄数は753、値下がり739だった。

4連騰は日経平均が今年初、TOPIXが1月12日の6連騰以 来1カ月半ぶり。しかし、両指数は前日終値を挟み一進一退で、方向 感に乏しい1日だった。企業業績の改善を背景に下値を売り込む動き はないものの、上値を積極的に買い上げる向きは不在だ。

指数がプラスで終えられた一因は、ギリシャの財政問題に対する 不安の後退。同国政府は最大48億ユーロ(約5800億円)規模の追 加の財政赤字削減措置を3日発表する。追加措置を好感する形で、欧 州ではダウ欧州600指数が1カ月ぶり高値、米国株も小幅高となっ た。

東京市場でも輸出関連株が堅調。続伸したトヨタは、2月の米国 での自動車販売の落ち込みがアナリスト予想より小幅だったことも好 感された。規模別の値動きを見ると、東証1部の時価総額や流動性が 最も高い30銘柄で構成するTOPIXコア30指数が0.7%高と、ミ ッド400の0.1%高、スモール0.3%高より上昇率が大きく、時価総 額上位銘柄への打診的な動きが全体を押し上げた。

債券先物が小幅安-株価堅調で

債券市場では先物が小幅安(利回りは上昇)。株価の堅調を受け、 売りが優勢だった。長期金利は、前日の10年国債入札が順調で現物 市場の需給の良さが示されたことから、横ばいで推移した。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比9銭高い139円90銭で 始まり、一時139円94銭まで上昇した。しかし、株価の底堅さを嫌 気した売りが膨らむと、午後には139円77銭まで下げ、3銭安の 139円78銭で引けた。

2日に入札された新発10年物の306回債利回りは前日比0.5ベ ーシスポイント(bp)低い1.325%で始まり、その後は1.33%での 取引に終始した。

ドル下落-ギリシャ懸念緩和

東京外国為替市場では、ドルが対欧州通貨で2営業日ぶりの安値 を付けた。ギリシャの財政赤字問題に対する懸念の緩和や、企業の合 併・買収(M&A)をめぐる思惑を背景に、ユーロやポンドを買い戻 す動きが続いた。

ブルームバーグ・データによると、ドルは円とブラジル・レアル を除く主要14通貨に対し、午後3時40分時点で前日終値を下回っ ている。海外時間に米国の民間雇用統計の発表を控え、雇用低迷によ る低金利政策長期化の可能性も意識された。

ドルは対ユーロで一時、1ユーロ=1.3655ドルまで下落。前日 の海外市場では昨年5月18日以来のユーロ安・ドル高となる1.3436 ドルを付ける場面もあったが、ギリシャ政府が新たな財政赤字削減策 を3日に発表する見通しとなったことで、これまで売っていたユーロ を買い戻し、ドルを売る動きが優勢となった。

製薬最大手の米ファイザーが後発医薬品(ジェネリック)メーカ ーの独ラツィオファーマに最大30億ユーロ(約3600億円)規模の 買収提案を行う方針と伝わったことも、ユーロ買い・ドル売りの材料 視されているという。

英プルデンシャルによる米アメリカン・インターナショナル・グ ループ(AIG)のアジア生命保険部門買収をめぐる不透明感から、 ドルは対ポンドでも下落。2月の英消費者信頼感指数が市場予想を上 回ったことも支援材料となり、一時は1ポンド=1.5076ドルまでポ ンド買い・ドル売りが進む場面も見られた。

ダラス連銀のフィッシャー総裁は2日、金利は米経済が上向くま で低水準にとどまるだろうと述べ、景気の上向きはしばらく起きない との見解を明らかにした。PBSテレビとのインタビューで語った。

ドル・円相場は一時、1ドル=88円48銭と約3カ月ぶりの水準 までドル安・円高が進行。午後にかけては対欧州通貨などでの円弱含 みを背景に、88円台後半まで値を戻した。ユーロ・円相場は1ユー ロ=120円台後半から121円台前半へユーロが水準を切り上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE