独アディダス10-12月:64%減益-販売不振、中国で評価損

世界2位のスポーツ用品メーカー、 ドイツのアディダスの2009年10-12月(第4四半期)は64%減益 となった。販売の落ち込みと中国事業の評価損計上が響いた。

同社が3日発表した資料によれば、第4四半期の純利益は1900 万ユーロ(約23億円、1株当たり0.09ユーロ)となった。前年同 期の5400万ユーロ(同0.27ユーロ)から減少し、ブルームバーグ がまとめたアナリスト8人の予想平均(2760万ユーロ)も下回った。 売上高は、前年同期比4.5%減の24億6000万ユーロ。

中国での「リーボック」ブランドの小売り事業に関連して、3300 万ユーロの評価損を計上した。

アディダスは10年の純利益については4億-4億5000万ユー ロとの見通しを示した。南アフリカ共和国で開催されるサッカーのワ ールドカップの効果で、為替変動の影響を除いた売上高が「一けた台 前半から半ばのペース」で増加するとの予想を根拠にしている。

09年通期の純利益は、前年比62%減の2億4500万ユーロ。売 上高は3.9%減の104億ユーロで、会社予想の範囲内だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE