米カーライルと上海復星の人民元建てファンド、上海市政府が承認

世界2位のプライベートエクイティ (未公開株、PE)投資会社、米カーライル・グループは中国の上海 復星高科技(集団)と共同で人民元建てファンドを運用する営業許可 を上海市政府から取得した。

カーライルの3日の発表資料によれば、上海市工商行政管理局の 承認を得たことで、このファンドは直ちに投資活動を開始できる。中 国が「パートナーシップ事業免許」を発行するのはこれが初めてだと いう。

カーライルは先月、上海復星と共同で1億ドル(約89億円)規模 の人民元建てファンドを設立すると発表していた。上海復星は鉄鋼や 鉱業、不動産事業などを手掛けている。

-- Editor: Chitra Somayaji

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Cathy Chan in Hong Kong at +852-2977-6629 or kchan14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE