中国株(午前):反発、環境関連株が上昇-政府の取り組み強化観測

3日午前の中国株式相場は上昇。 政府が今年、二酸化炭素排出抑制に優先的に取り組むとの見通しを 受けて環境関連株が買われた。

中国人民政治協商会議がこの日から北京で始まった。風力発電 設備を製造する上海電気集団(601727 CH)は値幅制限いっぱいの 10%高。太陽光(熱)発電の保定天威保変電気(600550 CH)は

5.9%高となった。また江鈴汽車(000550 CH)も上昇。1-2月の 販売台数が前年同期の2倍に上ったことが好感された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 する上海総合指数は、午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前 日比10.68ポイント(0.4%)高の3083.78。上海、深セン両証取 のA株に連動するCSI300指数は、同0.3%高の3322.60。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE