大創の米子会社、罰金約2億円支払いで合意-玩具の鉛含有問題

「ダイソー」をチェーン展開する大 創産業の米子会社3社は、米国で販売する子供向け製品や玩具に基準 値を上回る鉛や鉛塗料が含まれていたとされる問題で、罰金210万ド ル(約1億8600万円)を支払うことで当局と合意した。製品と玩具の 輸入も停止する。

米消費者製品安全委員会(CPSC)は2日公表した発表文で、 大創が基準値を上回るフタル酸類を含有する玩具も輸入・販売してい たと説明。大創は安全基準を「十分認識し、順守している」ことを示 す必要があると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE