王子紙株が3日続伸、冬季五輪でカタログ需要-業績上ぶれ報道

国内製紙首位の王子製紙の株価が一 時、前日比1.8%高の392円と3日続伸。バンクーバー冬季五輪商戦に 伴うカタログ需要などが紙の販売数量を下支え、今期(2010年3月期) 業績が会社計画を上回る見通し、と一部で伝えられたことから、業績拡 大期待が強まった。

3日付の日本経済新聞朝刊によると、王子紙の今期連結営業利益は 前期比2倍の660億円程度と、会社計画を30億円上回るもよう。1- 3月の紙の販売数量が計画を上回るほか、古紙や重油など原燃料価格の 下落の効果が想定をやや上回ることが要因と伝えている。

同紙はまた、日本製紙グループ本社の今期連結営業利益が前期比2 倍の400億円程度と、会社計画を20億円上回るとも報じている。同社 株も一時1%高の2322円と続伸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE