サイボウズ株ストップ高、企業用ソフト伸び業績と配当増額

企業向けにソフトウエアを開発・販 売するサイボウズ株が、前日比7000円(21%)高の4万600円とスト ップ高(値幅制限いっぱいの上昇)。主力ソフトの販売好調、業務内製 化などによる費用削減も奏功し、前期業績は従来計画を上回ったもよ うだ。年間配当も従来予想から増額し、買いが殺到した。

株価は昨年12月15日(高値4万1500円)以来、約2カ月半ぶり の高値水準を回復。上昇率は午前の東証1部で1位だった。午前10 時31分以降は同水準で再び買い気配、差し引き1000株超の買い注文 超過となっている。

前期(2010年1月期)の連結純利益は前の期比70%増の2億8000 万円になったもよう、と2日に発表した。従来想定は5000万円。年間 配当は103円(前の期は43円)と、従来から36円増額。配当性向を 単体純利益の約10%としており、今回の業績修正に合わせ上乗せした。 グループウエアの主力製品「かんたんシリーズ」と「ガルーンシリー ズ」の売り上げが予想を上回り、開発計画の見直しや一部業務の内製 化による外注費削減も利益改善に寄与した。かんたんシリーズは主に 中小企業向け、ガルーンシリーズは大企業向けのパッケージソフト。

同社経営管理本部の江藤真由美氏によると、「顧客企業がIT(情 報技術)投資を手控える中にあって、新規の受注は苦戦したものの、 継続利用に伴う保守関連売り上げが想定以上に好調だった」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE