日産自動車、約54万台リコールへ-事故やけが人の報告なし

日産自動車の米子会社、北米日産 は2日、不具合の恐れがある部品を検査・修理するため、主に米国で 販売された複数の車種を対象に、計53万9864台のリコール(無料 の回収・修理)を実施すると発表した。

発表文によると、同社はピックアップトラック「タイタン」の 2008-10年型とミニバン「クエスト」、SUV(スポーツ型多目的車) 「アルマダ」「インフィニティQX56」のブレーキペダルピンを検査・ 修理する。「タイタン」「アルマダ」「QX56」の05-08年型、06年 1-3月と07年10月-08年1月に生産されたピックアップトラッ ク「フロンティア」とSUV「パスファインダー」「エクステラ」の 燃料計も対象になる。

北米日産の広報担当フレッド・スタンディッシュ氏によると、関 連の事故やけが人は報告されていない。米当局からのリコール要請は なかったという。

リコール対象車のうち約46万台は米国で販売された。日本時間 3日午前10時22分現在、日産の株価は前日比0.4%安の702円。

-- Editors: Terje Langeland, Ian Rowley

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Ohnsman in Los Angeles at +1-323-782-4236 or aohnsman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kae Inoue at +81-3-3201-8362 or kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE