米司法省、ヘッジファンドにユーロ取引記録の保存を指示-関係者

米司法省はヘッジファンドに対し、 ユーロに関する取引記録を破棄しないよう通達した。通達を見た関係 者1人が明らかにした。

同関係者が匿名を条件に語ったところでは、ニューヨークに本拠 を置く調査・証券会社モネス・クレスピ・ハルトが2月8日に主催し た夕食会に幹部を出席させたヘッジファンドの一部には少なくとも通 達が送られていたという。

ブルームバーグ・ニュースが入手した夕食会での議題一覧による と、23の議題の一つはユーロの対ドルでの下落を見込んだ取引だった。 この夕食会にはSACキャピタル・アドバイザーズの幹部、アーロン・ カウエン氏やグリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホー ン社長、ブリゲード・キャピタル・マネジングを経営するドン・モー ガン氏のほか、ソロス・ファンド・マネジメントの代表らも出席して いたと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は2月25日 に報じている。

アイオワ大学で反トラスト法(独禁法)を専門とするハーバート・ ホベンカンプ教授は「大きな問題は、この夕食会が情報のやり取りを 目的としたものだったかどうかだ」とし、「参加者が特定の価格での売 買やユーロを下落させようと集中した売りを浴びせることに合意する ものであるなら違法だ」と指摘した。

これらのヘッジファンドの広報担当者に電話取材を試みたが、回 答は得られていない。モネス・クレスピのニール・クレスピ社長にも 連絡が取れていない。司法省のジーナ・タラモナ報道官はコメントを 控えた。通達は米経済ニュース専門局CNBCが2日に報じていた。

ユーロはギリシャの債務不安を背景に昨年11月25日以来11% 下落している。ニューヨーク時間2日午後6時25分(日本時間3日 午前8時25分)現在は、1ユーロ=1.3610ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE