ソフトバンク:ウィルコムへの出資は50億円、新会社に-日経

会社更生法の適用申請と企業再生支 援機構への支援を要請したPHS会社ウィルコムのスポンサー候補であ る国内通信3位ソフトバンクが2日の臨時取締役会で、出資額を50億 円に決めたと、3日付の日本経済新聞朝刊が報じた。取材源は示してい ない。

日経によると、支援策ではウィルコムが次世代高速サービスを分離 して資本金150億円の新会社を設立。別の支援候補である国内ファンド のアドバンテッジパートナーズ(AP)とソフトバンクが各50億円を 出資し、残り50億円は新たに出資者を募る。既存のPHS事業を手掛 けるウィルコム本体にはAPが全額出資する。

同紙によると支援機構は近く支援の可否を決める第三者委員会を開 くが、出資をめぐりソフトバンクとAPの対立が表面化したため、機構 内には手続きに不信感を抱く向きもあるという。

ソフトバンク広報担当の抜井武暁氏はブルームバーグ・ニュースの 電話取材に対し、同社、機構、AP、ウィルコムの「4者間の協議の過 程についてはノーコメント」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE