トヨタ:顧客奪還で無利子ローンなど新たな奨励策計画-米販売幹部

過去最大規模のリコール(無料の 回収・修理)で販売不振に見舞われるトヨタ自動車は、顧客奪還を 目指し、無利子ローンや割引リースなどの新たな販売奨励策計画を 発表した。

米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター副社長は2日の電話会 議で、今月から「カムリ」や「カローラ」、「マトリックス」、「プリ ウス」、「ヤリス」、ワゴンの「ベンザ」、スポーツ型多目的車(SU V)の「RAV4」と「ハイランダー」、ピックアップトラック 「タンドラ」の購入者は、最長5年間無利子のローンか、低コスト のリースどちらかを選択できると説明。既にトヨタの新車を購入し ている顧客には2年間の無償メンテナンスも提供するという。

カーター副社長は同社が2月に重点を置いたのは顧客対応だっ たが「3月は販売モードに戻る」と述べ、こうした販売奨励策はト ヨタにとって「先例のないものだ」と語った。

トヨタは意図しない急加速やブレーキ関連ソフトウエアなどの 不具合に対応するため、ここ数カ月に世界で850万台余りをリコー ルした。こうしたなか2月の同社の米自動車販売台数は前年同月比 で8.7%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE