ECB:カバードボンド貸し出しも、預け入れ可能担保増やす-関係者

欧州中央銀行(ECB)は、金融機 関の資金調達を容易にする戦略の一環として、これまでに購入したカ バードボンドを、手数料を徴収して金融機関に貸し出す可能性がある。

事情に詳しい関係者3人によると、ECBの政策担当者らは4日 のフランクフルトでの会合でこの計画について話し合う。決定にはま だ至っていないという。ECBの報道官はコメントを控えている。

ECBは、ギリシャの過去最悪の財政赤字を懸念する投資家の動 揺を招くことなく、金融危機対策として導入した緊急措置を解除しよ うとしている。ECBが保有する390億ユーロ(約4兆7000億円)相 当の債券は、金融機関に現在貸し出されている債券全体の5%程度に すぎないが、今回の計画が実行に移されれば、資金供給の担保として 金融機関がECBに預け入れることが可能な債券を増やすことにつな がる。

バークレイズ・キャピタルの欧州担当チーフエコノミスト、ジュ リアン・キャロー氏(ロンドン在勤)は「ECBがこれを実行すれば、 より多くの質の高い担保が提供されることになり、銀行と金融市場を 支援するのは確かだろう」と指摘。「これらの資産を誰も借り入れたい と思わないのが起こり得る最悪の事態だ」と語った。

カバードボンドの格付けは最低でも「AA」と、ECBが現在金 融機関から受け入れている担保の最低格付け「BBB-」よりも7段 階高い。ECBは、不動産や公共部門ローンを裏付けとするカバード ボンドの買い入れプログラムを昨年7月に開始した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE