英国とギリシャの経済には「大きな類似性」-英保守党のクラーク議員

英野党保守党のケネス・クラーク議 員(影のビジネス・イノベーション・職業技能相)は、英経済とギリ シャ経済には「大きな類似性」があると述べ、保守党は投資家の信頼 喪失回避に向けて迅速に行動すると約束した。

1993-97年に財務相を務めたクラーク議員はロンドンで2日に 開かれたイベントで、「ギリシャ人は今、債権者がもうたくさんだと判 断した時に生じる非常に過酷な結果に向き合っている」と述べ、ギリ シャの「次は英国の番ではないかもしれないが、さほど遠くはない」 と警告した。

英国で6月までに実施される総選挙の結果、世論調査で示された ように少数与党政権が誕生すれば、過去最大に膨らむ財政赤字の削減 が難航するとの懸念を背景に、英ポンドは2日、対ドルで6日連続安 と、過去1年4カ月余りでは最長の下げを見せている。

英財政赤字は国内総生産(GDP)比で12%を超え、ギリシャの 財政赤字の対GDP比とほぼ同水準。クラーク議員は「われわれの状 況は、ある点ではギリシャと同じではない。英国にはギリシャのよう な完全に対応できていない税制といった問題はなく、ギリシャ経済に は実際に弱点がある。だが、幾つかの大きな類似性もある」と述べ、 「過大な構造的赤字」などを挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE