米ミネアポリス連銀総裁:中小銀行が次の金融危機の火種にも

米ミネアポリス連銀のコチャラコ タ総裁は、比較的小規模な銀行が次の金融危機の原因になる可能性 があると指摘した。商業用不動産との関係を理由に挙げた。

コチャラコタ総裁は2日、ミネアポリスでの講演で、「確かに、 最近の金融危機は比較的規模の大きい銀行と金融機関が中心だった」 と述べた上で、「だからといって、次の危機が中小機関によって引 き起こされることはないとは言えない」と指摘。中小機関の商業用 不動産との関係が「景気回復全体への重い足かせとなる可能性があ る」と語った。

同総裁は、米連邦準備制度理事会(FRB)が監督権限を維持 する必要があると強調。議会がFRBはもはや中小銀行を監督する 必要はないと示唆していることについては、「危険なまでの想像力 不足」の表れと批判した。同総裁は、政府が大手金融機関の規制強 化を図ることが中小銀のリスクテーク拡大を促し、次の危機を招く 可能性が高まると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE