米GM:オペル再編向け拠出、3倍の19億ユーロに-政府支援得やすく

米自動車メーカー、ゼネラル・モー ターズ(GM)は、欧州部門オペルの事業再編に向けた拠出額を従来 から3倍に引き上げる見通しだ。欧州の各国政府から融資や保証を取 り付けるための策の一環。

オペル部門のニック・ライリー最高経営責任者(CEO)は2日 の発表文で、GMが出資と融資を合わせて19億ユーロ(約2290億円) を欧州事業に拠出することを明らかにした。英部門ボクソールも対象 となっている。

MMウォーバーグのアナリスト、マルクレネ・ト ン氏(ハンブル ク在勤)は、「欧州各国、特にドイツは、政府支援の条件としてGMが 自ら負担する部分を増やすことを求めている」と指摘し、「GMは正し い方向に踏み出した。オペル再編がより早く始まることになるだろう」 と語った。

オペルは「市場での逆風から生じ得る悪影響を相殺する」ために 事業再編費用が4億1500万ユーロ増え37億ユーロになるとの見積も りを示した。GMの拠出額はこのうちのほぼ半分となり、欧州各国政 府の融資保証などに頼る部分は20億ユーロ未満と、従来求めていた 27億ユーロから縮小する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE