中国銀監会の劉主席、インフレ対応には融資政策が鍵握る-共産党誌

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)の劉明康主席は、中国は堅実な経済成長を確実にするとともにイ ンフレ期待を制御するため、適切な規模で融資を継続する必要がある との見解を示した。

2日発行された共産党の理論誌「求是」(3月1日号、月2回発 行)で劉主席は、経済成長とインフレを管理する上で、融資政策の適 切な対応が重要だと記した。

劉主席のコメントは、融資抑制とインフレ懸念の緩和を図る中央 政府の取り組みに焦点を当てている。ロイター通信は中国の4大国有 銀行の2月の新規融資がネットベースで約2940億元(約3兆8500億 円)と、1月から39%程度減少したと複数の匿名の銀行関係者の発言 を引用して伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alfred Cang at +86-21-6104-7015 or acang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE