7&i:10年2月期純利益400億円、減損で下方修正

セブン&アイ・ホールディング ス(7&i)は2日、2010年2月期の連結純利益が前の期と比べて 57%減の400億円になったようだと発表した。従来予想は1090億円 だったが、百貨店事業にかかわるのれんの減損損失約400億円や店 舗の減損損失、閉店引当などを特別損失に計上するとしている。

同期の営業収益(売上高)は5兆1200億円(従来予想5兆 1800億円)、営業利益は2230億円(同2500億円)になったもよう。 発表資料によると、国内売り上げは弱含みで推移している。

同日会見した村田紀敏社長は、足元の環境について「昨年11月 から回復傾向で新商品、新サービスへの顧客の感度は高い」と述べ、 2011年2月期は「増益を達成できると思う」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE