S&P:2010年の日本の実質GDP成長率を1.5%程度と予想

スタンダード&プアーズは2日、 「日本経済の回復の足取り依然重く、2010年は低成長に」と題するリポ ートを発表した。日本経済は大幅なマイナス成長となった後持ち直し、 回復を続けているが、そのペースは鈍いと指摘。2010年の日本の実質国 内総生産(GDP)成長率を1.5%程度と低水準に予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE