コーンFRB副議長の後任探しはガイトナー、サマーズ両氏主導

コーン米連邦準備制度理事会(F RB)副議長の後任探しは、ガイトナー財務長官とサマーズ米国家経 済会議(NEC)委員長主導で進められている。これは、金融刺激策 の解除と並行して景気浮揚を図るバーナンキFRB議長が、自身の政 策への支えを得られる公算が大きいことを示唆する。

コーン副議長(67)は1日、4年間の任期終了に伴い6月に退任 すると表明。内部情報であることを理由に事情に詳しい関係者1人が 匿名を条件に明らかにしたところによれば、ガイトナー、サマーズ両 氏は、副議長の後任のほか、FRB理事の2つの空席を埋めるため、 候補者を探している。

FRBウォッチャーや元FRB当局者らによると、副議長候補は ダニエル・タルーロFRB理事(57)、米大統領経済諮問委員会(C EA)のロマー委員長(51)、サンフランシスコ連銀のイエレン総裁 (63)ら。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE