米ゴールドマンのオニール氏ら、マンU買収提案の可能性探る-FT

米ゴールドマン・サックス・グルー プのチーフエコノミスト、ジム・オニール氏や英ヘッジファンド、マー シャル・ウェイスの共同創業者であるポール・マーシャル氏が参画する グループが、イングランドのプロサッカーの名門チーム、マンチェスタ ー・ユナイテッド(マンU)に対する買収提案を検討している。英紙フ ィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)が情報源を明示せずに 報じた。

同紙によれば、マンUの大ファンであり、元株主で取締役を務めた 経験もあるオニール氏は1日、法律事務所フレッシュフィールズ・ブラ ックハウス・デリンジャーのオフィスで会合を開いて協議した。同グル ープは、米富豪のマルコム・グレーザー氏とその一族からマンUの買収 を試みるため、約10億ポンド(約1330億円)の資金を集める可能性 があるという。同紙は、マンUを売りに出していないとする同一族広報 のコメントを伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE