ゴールドマンのインド政策金利予想、外れる公算大きい-国家計画委

インドのシン首相に政策提言を行う 国家計画委員会のモンテック・シン・アルワリア副委員長は、同国の 政策金利が年内に3ポイント引き上げられるとのゴールドマン・サッ クス・グループのアナリストの予想について、外れる公算が大きいと の見解を示した。

アルワリア副委員長(66)は先月27日のインタビューで、ゴール ドマンの利上げ予想に関する質問に対して、「300ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)はかなり大幅な引き上げだ。実際にそれほ どの利上げが行われるとはもちろん思わない」と述べた。さらに、財 政赤字の圧縮が企業の借り入れコストの上昇抑制につながると付け加 えた。

ゴールドマンとHSBCホールディングス、シティグループは、 インド準備銀行(RBI、中央銀行)が4月20日開催する次回の金融 政策決定会合で政策金利の引き上げを開始すると予想している。利上 げ幅は、HSBCが年内に1.25ポイント、シティは「最低でも1.25 ポイント」とみている。

アルワリア副委員長はまた、インドが財政赤字の抑制に取り組む 中で、同国のソブリン格付けが引き上げられる可能性があるとの見通 しを示し、格付け会社はインドの信用力の底堅さを理解していなかっ たと指摘した。インドの格付けは、中国とロシア、ブラジルを加えた BRICs4カ国の中で最も低い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE