車の急加速問題でトヨタ以外も調査を-エドマンズが米運輸長官に書簡

米自動車情報サービス会社エドマン ズ・ドット・コムは、意図せぬ自動車の急加速問題について、すべて の大手メーカーから同様の事例が報告されているため、米当局はトヨ タ自動車以外のメーカーにも調査対象を広げるべきだと指摘した。

エドマンズのジェレミー・アンワイル最高経営責任者(CEO) は2月25日、道路安全交通局(NHTSA)のデータベースに寄せら れた消費者のコメントを基に、ラフード米運輸長官に書簡を送付し、 意図せぬ突然の急加速に関する苦情は数十年前から出されていたと指 摘した。書簡の内容が1日、公表された。

アンワイルCEOは、連邦当局は「全メーカーを対象にした措置 を取りまとめるべきだ」と指摘。「データを共有して協力し合えば、答 えは恐らく見つかる」との見通しを示した。

上院商業科学運輸委員会は2日、トヨタのリコール(無料の回収・ 修理)問題とNHTSAの役割に関する3回目の議会公聴会を開く。 アンワイルCEOは運輸長官あての書簡で、「こうした苦情に実際に対 応している」自動車メーカーはトヨタだけだと指摘した。

米運輸省のオリビア・アレア報道官は、エドマンズの書簡やNH TSAの調査の見通しに関するコメントを控えた。トヨタの広報担当 ブライアン・ライオンズ氏に電話と電子メールでコメントを求めたが、 これまでのところ返答は得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE