GM:北米で130万台をリコールへ、パワステの不具合修理

米自動車メーカー、ゼネラル・モー ターズ(GM)は北米で「シボレー」と「ポンティアック」ブランド の計130万台をリコール(無料の回収・修理)する計画を明らかにし た。

パワーステアリングの不具合に関する苦情が米道路安全交通局 (NHTSA)に1100件余り寄せられたのを受け、GMは「シボレー・ コバルト」1車種と、「ポンティアック」3車種のパワステシステムの モーターを交換する。同社が電子メールを通じて配布した発表文によ ると、この不具合は1件の負傷事故を含む事故15件と関係している可 能性がある。GMはNHTSAに対して、1日に今回のリコールを届 け出たという。

リコールの対象となったモデルは2005-10年型「シボレー・コバ ルト」と07-10年型「ポンティアックG5」、カナダで販売された05 -06年型「ポンティアック・パースート」、メキシコで販売された05 -06年型「ポンティアックG4」。

NHTSAはパワステの働きが「突然なくなる」との報告を受け コバルトを調査していると2月1日に発表していた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201- 3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor: Masashi Hinoki 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:Jeran Wittenstein at +1-415-617-7203 or jwittenstei1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE