米フォード:製品ラインアップの4分の1を電気自動車に-20年までに

米自動車メーカー、フォード・モ ーターは、政府が燃費性能の向上を推進する中で、2020年までに電気 自動車とハイブリッド車を自社の製品ラインアップの最大4分の1に増 やす計画だ。

同社の担当ディレクターのナンシー・ジョイア氏は、12年までに 電気自動車とハイブリッド車の新型各2モデルを投入する計画で、今後 10年でそうしたモデルが製品全体の10-12%に達すると予想している。 北米では、エコカーの7割が現在販売しているハイブリッド型「フュー ジョン」などのガソリン・電気併用車になる見通しだという。

自動車各社は、平均燃費を16年までに1ガロン(約3.785リッ トル)当たり35.5マイル(約57キロメートル)と現在の25マイルか ら向上させるよう求める米政府などの基準を満たすために、電気を全部 ないし一部の動力源とする車両の開発を進めている。フォードは2日、 ジュネーブ自動車ショーで、13年までに欧州市場にそうした車両5モ デルを投入する方針を明らかにした。

ジョイア氏によれば、フォードは現在、ハイブリッド車4モデル を販売しており、年内に商用バン「トランジット・コネクト」の電気自 動車版を、11年には小型電気自動車「フォーカス」を米国で発売する 計画だという。また、欧州での電気自動車の登場はそれよりも半年から 1年先の見通しだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE