チリ大地震で地軸が移動、1日の長さ短縮か-NASA科学者が分析

チリで2月27日に発生した大地震 の影響で地軸が移動し、1日の長さが恐らく短くなったと、米航空宇 宙局(NASA)の科学者は分析している。チリ大地震による死者は 700人以上に上った。

地震の影響により、数百キロメートルにわたる岩盤が数メートル 移動し、地球上の質量分布が変化する場合がある。コンピューターモ デルを使って地震の影響を計測しているNASAのジェット推進研究 所(カリフォルニア州)の地球物理学者、リチャード・グロス氏によ ると、これが地球の自転に影響を及ぼす。

グロス氏は1日、ブルームバーグ・ニュースの質問に電子メール で回答し、「1日の長さが1.26マイクロ秒(100万分の1.26秒)短縮 したはずだ」と指摘。「地球の質量のバランスを取っている地軸は2.7 ミリ秒角(約8センチメートル)移動したはずである」としている。

グロス氏によると、これらの変化はモデルでは計測可能だが、規 模が小さいため物理学的に検出するのは困難。英リバプール大学のア ンドレアス・リートブロック教授(地球科学)は、一部の変化はより 明白で複数の島が移動した可能性があるとの見方を示した。同教授は 地震の影響を受けた地域を以前に調査したことがある。

リートブロック教授は1日の電話インタビューで、チリ第2の都 市であるコンセプシオンの沖合にあるサンタマリア島が、今回の地震 の結果、2メートル隆起した可能性があると述べた。同教授によると、 この島の岩盤は、過去の地震の影響で島が押し上げられたことを証拠 付けているとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE