亀井金融相:無利子非課税の国債発行、前向きに検討すべき

亀井静香金融・郵政担当相は2日午 前の閣議後会見で、2011年度予算での財源確保に関連して、「無利子非 課税の国債発行なども前向きに検討するべきだ」と述べた。また、財政 法で原則禁止されている日銀による国債引き受けについても、現下の財 政難では十分に検討する余地があるとあらためて強調した。

金融相は国債について「日本では民間が消化できる余力はまだある が、日銀も協力してやれば長期金利を押し上げることはない」と指摘。 その上で「日銀と政府が経済対策で車の両輪のように機能していくよう 検討すべきだ」と述べた。

亀井金融相は日銀の国債引き受け案について、1日の衆院財務金融 委員会で検討の必要性を指摘していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE