ニューヨーク証取:注文受付時間を5分延長-日中最後の売買で

ニューヨーク証券取引所(NYSE) は、日中最後の売買に関する注文の受付時間を5分間延ばす。終値で 株式を売買する必要がある投資家の利便性を向上するのが狙い。

1日から実施される今回の措置では、ニューヨーク時間午後4時 の売買に関する注文の提出期限が午後3時45分になる。従来は午後 3時40分だった。日中最後の売買ではマーケットメーカー(値付け 業者)が株式売買注文を合致させて、終値を算出する。

S&P500種株価指数といった指標を追う投資信託は、指標のパ フォーマンスに可能な限り近づけるため、日中最後の売買に参加して いる。日中最後の売買は引き続きシステムの支援を受けながらの手作 業だが、透明性向上に加えトレーダーが注文を集める時間を長くする ことは一段と円滑な運営につながるだろうと、ブローカーのBTIG のシニアセールストレーダー、ブレット・モック氏は指摘する。

BNYコンバージェクス・グループのトレーダー責任者、アンソ ニー・コンロイ氏は「トレーディングは猛スピードで実施されるため、 5分間は非常に長い時間のように思える」とし、「日中の重要な時間帯 に時間を確保することができる」と話した。

NYSEユーロネクストの広報担当、レイ・ペレッチア氏による と、日中最後の売買はNYSEの1日当たり売買高平均の10-13% を占める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE