米社債保証コスト低下、AIGの一部資産売却で-CDS

1日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米保険会社アメリカン・インターナショ ナル・グループ(AIG)を中心に米企業の社債保証コストが低下。 AIGは、アジア生命保険部門を英保険最大手プルーデンシャルに 355億ドル(約3兆1600億円)で売却することで合意した。

AIGの社債保証コストは2009年1月以来の低水準に低下。同 社を含む北米企業125社で構成するマークイットCDX北米投資適 格指数はここ5週間余りで最低となった。

08年に米政府の救済を受けたAIGはアジア部門売却により、ニ ューヨーク連銀に対する債務250億ドルのうち90億ドルの返済が可 能となる。それがAIGの上位債権者の信頼感改善につながるはずだ と、クレジットサイツのアナリスト、ロブ・ヘインズ氏とクレイグ・ グッテンプラン氏、ジョゼフ・ディカルロ氏は1日付の顧客向けリポ ートで指摘した。

CMAデータビジョンによると、AIG債のCDSスプレッドは 99ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し452bpと、 昨年8月以来最大の下げ幅となった。スプレッド低下は、投資家心理 の改善を示す。

CMAによれば、マークイットCDX北米投資適格指数のスプレ ッドは3bp低下の88.4bp。JPモルガン・チェースの調べでは、 ロンドン市場で投資適格級の欧州企業125社で構成するマークイッ トiTraxx欧州指数は1.75bp下げて83.25bp。

-- Editors: Richard Bedard, Michael Weiss

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Shannon D. Harrington in New York at +1-212-617-8558 or sharrington6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE