トヨタ「アバロン」最新モデルなどもオイルホース修理対象に

トヨタ自動車は北米で製造・販売し ているスポーツ型多目的車(SUV)「RAV4」とセダン 「アバロン」の最新モデルの計21万7000台余りについても、オイル 漏れの危険があるオイルホースの修理プログラムの対象に加えると発 表した。

トヨタが1日に電子メールで配布した発表資料によると、今回の プログラムは安全性にかかわるリコール(無料の回収・修理)に該当 しない「サービスキャンペーン」で、2007年、08年、09年モデルが 対象。同社はアバロンとRAV4のほか、「カムリ」「レクサス ES 350」「RX 350」の計71万6000台余りを対象とする修理キャンペー ンを昨年から開始していた。

同社は、オイル供給ホースのゴムの部分が年数を経て劣化し、「異 常なエンジン音や油圧計の点灯」を引き起こす可能性があるとして、 この部分を交換すると説明。所有者には郵便で通知する。今月から販 売店で新しいホースと無料で交換できる。修理は約1時間で完了する という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE