リッチモンド連銀総裁:景気後退、二番底入りのリスクは非常に低い

リッチモンド連銀のラッカー総裁 は、景気後退(リセッション)が二番底入りするリスクは「比較的軽微 なものに」後退したとの認識を示した。

同総裁は1日、ワシントンでブルームバーグニュースとのインタビ ューで語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE