19世紀型銀行モデルに問題なし、効率性重視に異論-HSBCのCEO

英銀HSBCホールディングスの マイケル・ゲーガン最高経営責任者(CEO)は、銀行が保有する 顧客からの預金が融資を上回っていた1800年代型の銀行モデルは 「何の問題もない」と述べた。

ゲーガンCEOは1日、アナリスト向けプレゼンテーションの中 で「顧客から資金を預かり、その上で融資する19世紀型の銀行システ ムには何も問題はない」と述べた。

ゲーガンCEOの発言内容は、英銀ロイズ・バンキング・グルー プのエリック・ダニエルズCEOの見解とは対象的だ。ダニエルズC EOは先月26日、「過去1年間は流動性という言葉が多用された」が、 銀行はそれ以前に個人および企業を支援するために「効率的な金融市 場」を利用していたと述べた。

ダニエルズCEOは、効率的な金融市場は「19世紀の銀行シス テムのような非常に伝統的なシステムを超えた一段のレバレッジ」 を可能にしたと述べ、1ポンドの預金額に対して1ポンドを貸し出 していたのでは「経済や社会の中で非常に効果的に機能したとは言 えなかっただろう」と語った。

原題:HSBC’s Geoghegan Says ‘Nothing Wrong’ With 19th Century Banking

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE