仏ルノー:ロシアで178億円投資、生産倍増目指す-ゴーンCEO

フランス2位の自動車メーカー、ル ノーはロシアでの生産倍増に向けて60億ルーブル(約178億円)を 投資する。ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が1 日、モスクワで記者団に語った。同国では自動車販売の回復が見込ま れている。

ゴーンCEOによると、ルノーが25%を出資するアフトフラモス 工場の生産能力を年間16万台に引き上げる。アフトフラモスはルノー とモスクワ市が合弁で設立した。

米コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース (PwC)は1月20日、ロシアの自動車販売台数は2009年に56% 減の140万台に落ち込んだが、今年は最大で15%増の160万台に拡 大するとの見通しを示した。

原題:Renault to Double Russian Output, Invest $200 Million (Update1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE