ゴールドマン:取引収入1億ドル超え、09年は最多131日

米金融大手ゴールドマン・サック ス・グループの1日当たりのトレーディング収入が1億ドル(約89 億円)を超えた営業日数は、2009年に131日と過去最多だった。08 年度の90日から増え、営業日のほぼ半分で1億ドル超の収入を出し たことになる。ゴールドマンが米証券取引委員会(SEC)への届け 出で明らかにした。

09年にトレーディング収支がマイナスだったのは19営業日で、 08年11月期の97日から減少した。ゴールドマンは09年から会計 年度を暦年に変更している。収入1億ドル超え日数の今までの最高は 08年度の90日だった。高収入の営業日数は04年(14日)に比べ 10倍近くに達した。

この日の届け出によれば、トレーディングと自己勘定投資は09 年の税引き前利益の87%を稼いだ。1日当たりの最大損失可能額で あるバリュー・アット・リスク(VAR)は09年に平均2億1800 万ドルと、08年度の1億8000万ドルから増えた。

ゴールドマンのトレーディング収入は金利、信用商品、株式、商 品その他の分野にほぼ均等に分かれていた。為替取引の収支だけが通 年でマイナスだった。09年の営業日数は263日だった。

米モルガン・スタンレーの先月の届け出によると、09年に1日 のトレーディング収入が1億ドルを超えたのは69営業日だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE