レーン欧州委員:ギリシャに追加措置発表を呼び掛け

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ギリシャは財政赤字 削減に向けて一段の措置が必要だと指摘し、「向こう数日内」に追加措 置を発表するよう同国政府に呼び掛けた。

同委員は1日、アテネで記者団に「マクロ経済と市場の動向に関 するリスクが現実となったことから」今年の赤字削減計画を達成する ためには「追加の財政健全化措置が必要だ」と述べた。ギリシャのパ パコンスタンティヌ財務相との会談後に語った。

「数日内に追加措置を検討し発表する」ことをギリシャ当局に求 め、欧州中央銀行(ECB)と国際通貨基金(IMF)も同様の見解 だと付け加えた。ECBのシュタルク理事もアテネでの 午前の会合に 参加した。シュタルク理事は会議の内容について発言を控えた。

EUの当局者らは先週、ギリシャの計画が財政赤字を対国内総生 産(GDP)比で昨年の12.7%から4ポイント引き下げるのに十分か どうかを確認するためギリシャの財政状況を精査した。ギリシャは3 月16日までに同国の赤字削減策が進展していることをEU各国に示 さなければならない。

パパコンスタンティヌ財務相はレーン委員とともに記者会見し、 「2010年内に赤字の対GDP比率を4ポイント下げるという目標を いかなるケースにおいても必ず達成するために、新たな措置を含め必 要なあらゆる措置を取る」と表明した。レーン委員は、ギリシャとE Uの「協力により、経済と財政のこの厳しい試練を乗り切れると確信 している」と述べた。

ゴールドマン・サックス・グループの欧州担当チーフエコノミス ト、エリック・ニールセン氏は1日、ブルームバーグテレビジョンと のインタビューで、当局者らが「緊急プランを作っていることは明ら かだ。誰も最悪の事態を望んではいない。デフォルト(債務不履行) を望む気持ちはない」と述べた。

ドイツの議員らは、必要な場合ギリシャに約250億ユーロの金融 支援を提供する案をユーロ圏当局者らが作成しているとし、ドイツ復 興金融公庫(KfW)など国有金融機関がギリシャ国債を購入する可 能性があると述べていた。

また、フランスのラガルド財務相は1日パリでギリシャ支援につ いて、「公的なもの、官民共同のものなど幾つかの選択肢がある」と述 べた。ただ、「すべてはギリシャが自らの約束を果たすことが条件だ」 と付け加えた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 Editor: Fumihiko Kasahara, Shigeru Chiba 記事についての記者への問い合わせ先: Jonathan Stearns in Athens at +32-486-894-450 or jstearns2@bloomberg.net; Natalie Weeks in Athens at +30-210-741-9069 or nweeks2@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net Hellmuth Tromm at +49-30-70010-6221 or htromm@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE