オバマ米大統領「素晴らしい健康状態」、禁煙努力の継続必要-担当医

オバマ米大統領の担当医は1日、大 統領の年次健康診断の結果について、「素晴らしい健康状態」だとした 上で、禁煙の努力は続けるべきだと述べた。

米海軍医療センター(メリーランド州ベセズダ)で約90分間の健 診を受けた大統領はホワイトハウスに戻った際、健診について質問し た記者団に対し、親指を立てて、「とても良かった」と答えた。

健診を担当したホワイトハウス・メディカル・ユニットの責任者 ジェフ・クールマン氏は「すべての臨床データが、大統領が任期中に この状態を維持する見通しを示唆している」と説明した。

クールマン氏は、オバマ大統領(48)が50歳の誕生日を迎える 2011年8月に次回の健診を受けるよう勧めた。大統領はたばこをやめ るために「ニコチン代償療法」を行っているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE