米運輸省、傘下機関職員2000人をレイオフ-法案通過遅れる(Update1)

米運輸省は2000人の職員を1日か らレイオフ(一時帰休扱い)にする。この影響により、建設プロジェ クトや州政府への払い戻し、交通安全プログラムが停止することにな る。

運輸省の1日の発表によると、上院が失業給付を延長する法案の 可決に向けた措置を完了できなかったため、報酬が支払われず一時帰 休が必要になったという。対象には連邦道路管理局(FHA)や連邦 自動車運輸安全局(FMCSA)、道路安全交通局(NHTSA)な どの職員が含まれる。

ラフード運輸長官は発表資料で、「米国の家計が不況に苦しむな か、政治的駆け引きのために国内の重要な建設プロジェクトが停止す るのは極めて残念だ」と述べた。

自動車の安全性を監督するNHTSAは、飲酒運転や不注意運転、 オートバイ衝突事故による死亡者数の減少を目指すプログラムに携 わる職員をレイオフする。何百万台というトヨタ自動車のリコール問 題を取り扱っている同局の欠陥調査室(ODI)の職員は直接の影響 を受けないという。

発表文によれば、法案が通過するまでFHAが州政府への払い戻 しを行えないため、建設プロジェクトにも影響が及ぶ。影響を受ける 40以上のプロジェクトの中には、ワシントンで橋を架け替える5000 万ドル(約45億円)規模の工事も含まれている。

-- Editors: Ian Rowley, Terje Langeland

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor:Fumihiko Kasahara 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeff Plungis in Washington at +1-202-624-1835 or jplungis@bloomber.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE