中国:融資ペース統制を継続、リスク管理能力と均衡図る-銀監会主席

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)の劉明康主席は、中国当局は実体経済の資金需要と慎重な監視規 定に基づき、銀行の融資ペースを引き続きコントロールすると述べた。

銀監会のウェブサイトに27日掲載された講演テキストによると、 劉主席は26日、銀行の事業成長とリスク管理能力のバランス均衡を図 るため、当局は銀行の帳簿上と帳簿外の資産拡大のペースを「妥当」 な水準に設定すると語った。

中国人民銀行(中央銀行)は2月、景気過熱を冷ます措置として 預金準備率を引き上げた。準備率引き上げは今年2回目。

劉主席によれば、資本規定強化後、中国の銀行の資産の質とリス ク管理能力は改善が進んでいる。銀行は「主要」産業と既存プロジェ クトに対して資金調達支援を継続するとともに、中小企業向けの融資 を強化する必要があるとの見解を示した。

--Luo Jun. Editors: Jim McDonald, Mike Millard.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Millard at +65-6212-1519 or mmillard@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE