三菱マテなど日本企業出資の銅鉱山が一時操業停止、チリ大地震で停電

チリでの大規模地震を受けて三菱マ テリアルなど複数の日本企業が出資する現地の銅鉱山が停電の影響で 一時操業を停止した。この鉱山はロス・ペランブレス銅鉱山。首都サン ティアゴから北方約200キロに位置し、震源地からは500-600キロ離 れたところにある。

三菱マテリアル広報・IR室の中野卓・課長補佐は1日、「設備に 影響はないが停電の影響で操業を停止している」と説明。明日以降、停 電の影響を見て再稼働時期を判断するという。同鉱山は英企業と三菱マ テリアルのほか、日鉱金属や丸紅、三菱商事、三井物産が出資する合弁 企業が権益を保有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE