英豪系BHP、探査推進なら事業制裁も-アルゼンチン駐豪大使

英・オーストラリア系の鉱山会社、 BHPビリトンが、フォークランド諸島沖で石油探査を推進すれば、 事業面で制裁を受けるとアルゼンチン駐豪大使が警告を発した。オー ストラリア放送協会(ABC)が報じた。

ABCのウェブサイトによれば、アルゼンチンのぺドロ・ビジャ グラ大使は、BHPがフォークランド諸島沖での探査の許認可手続き を進めれば、アルゼンチンで一部の事業活動が認められなくなるだろ うと語った。同社は現在、アルゼンチン国内で事業を行っていないと いう。

スペイン語で「マルビナス」と呼ばれるフォークランド諸島沖で 英国が計画する石油探査で、領有権をめぐる両国間の緊張が高まった のを受けて、アルゼンチンは先週、国連に調停を求めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE