「シャッター アイランド」が2週連続首位-北米映画興行ランキング

週末の北米映画興行収入ランキ ングで、マーティン・スコセッシ監督のスリラー映画「シャッター アイランド」が2220万ドル(約19億8000万円)で2週連続首位と なった。

ハリウッド・ドット・コム・ボックス・オフィスの28日の発表 によると、タイムワーナー傘下ワーナー・ブラザーズのアクション・ コメディ「コップ・アウト(原題)」が初登場で1860万ドルとなり、 2位だった。同作品にはブルース・ウィルスとトレイシー・モーガン が出演している。

シャッター アイランドは、バイアコム傘下のパラマウント・ピ クチャーズが今年初めて公開する作品。主役を演じるレオナルド・デ ィカプリオは精神障害の犯罪者を収容する島で行方不明になった患者 を探す連邦保安官に扮(ふん)する。前週は、封切り直後の興行収入 としては、スコセッシ、ディカプリオ両氏にとって過去最高を記録し ていた。

3位は初登場のR指定ホラー映画「ザ・クレージーズ(原題)」 で1650万ドルだった。オーバーチュア・フィルムズ製作の同作品に は、ティモシー・オリファントらが出演している。

3D(3次元)映像を駆使したジェームズ・キャメロン監督のS F超大作「アバター」は1400万ドルで4位。昨年12月18日の封切 後のチケット売上高は国内で7億690万ドルと、過去最高を記録して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE