ユンケル議長:ギリシャに追加策要請、財政問題-エレフテロティピア

ユーロ圏財務相会合(ユーログル ープ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、ギリシャ が財政赤字削減に向けて追加策を講じる必要があるとした上で、欧州 連合(EU)諸国が納得できない場合は制裁に直面する恐れがあると の見解を示した。ギリシャ紙エレフテロティピアがユンケル議長の発 言を基に伝えた。

同紙によると、ユンケル議長は「ギリシャは取り組みを強化し、 財政赤字削減に向けた追加措置を講じなければならない」と明言。「こ うした措置でわれわれを納得させることができない場合、制裁を受け る可能性に直面するだろう。ドイツやベルギー、ルクセンブルクの納 税者がギリシャの財政政策の誤りを正す用意がないことを、ギリシャ は理解する必要がある」と述べた。

財務相らはギリシャ支援の方法を協議してきており、ギリシャ政 府から要請がある場合、ルクセンブルクも二国間レベルで支援する用 意があるとユンケル議長は表明。「ただ、財政赤字削減策の真剣さや厳 格さについて最初にわれわれを納得させる必要がある」とし、「ギリシ ャ政府は歳入拡大の方法に加え、一段の財政支出削減に注力しなけれ ばならない」と指摘したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE