不動テトラなど災害復興関連株高い、チリ大地震で連想買い-津波も

地盤改良工事を手掛ける不動テトラ、 地盤改良など特殊土木工事などを手掛けるライト工業といった低位建 設株の一角が高い。2月27日にチリ中部沿岸部で発生したマグニチュ ード8.8の大地震を受け、過去に地震など災害復興関連として投資資 金を集めた経緯のある銘柄を中心に、連想買いが入った。

不動テトラ株は一時、前日比11%高の61円、ライト工株が4.5% 高の231円、仮設住宅などのリース業を営む日成ビルド工業が3.6% 高の57円まで上昇。公共インフラ構築などを担う大和小田急建設も 13%高の290円と急騰している。

気象庁によると、チリ大地震を受けて28日夕、北海道から九州に かけての太平洋岸で津波が到達した。岩手県久慈港や高知県須崎港で 最大120センチの津波が観測された。不動テトラが2月に公表した9 カ月累計(2009年4-12月)決算によると、消波ブロックを含む「ブ ロックその他」の受注高は前年同期比8.4%増の50億円で、全受注高 の12%を占めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE