豊田通商:イラクで開戦以降初のインフラ受注80億円、官民で-日経

豊田通商が約80億円の変電施設に ついて1日にイラク電力省と契約を結ぶ予定と、同日付の日本経済新聞 朝刊が報じた。同国で日本企業がインフラを受注するのはイラク戦争の 開始以降で初めてとしている。取材源は示していない。

日経によると、今回の受注は官民共同で獲得。国際協力機構(JI CA)がイラク政府に円借款を供与する一方、現地の情報提供などでも 豊田通商に協力した、という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE