チリのコデルコ、エル・テニエンテ鉱山で「段階的」に操業再開

銅生産で世界最大手のチリ銅公社 (コデルコ)は、チリを襲ったマグニチュード(M)8.8の強い地震 の影響で操業を停止していた同国中部の坑内堀鉱山、エル・テニエン テ鉱山の操業を電力供給の回復に伴い再開した。

コデルコが電子メールで配布した資料によれば、エル・テニエン テ鉱山は米ニューヨーク時間午後2時(日本時間3月1日午前4時) に「段階的」に操業を再開した。前日発生した地震による設備への深 刻な被害はなかったと説明している。

参考画面:翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Eduardo Thomson Correa in Santiago at +56-2-487-4012 or ethomson1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Attwood at +56-2-487-4019 or jattwood3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE