米バークシャーの10-12月:利益急増-デリバティブ関連投資が奏功

【記者:Andrew Frye、Jamie McGee】

2月27日(ブルームバーグ): 米著名投資家で資産家のウォーレ ン・バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイ の2009年10-12月(第4四半期)決算は、世界の株式市場に関連す るデリバティブ(金融派生商品)投資が持ち直したことが奏功し、利 益が急増した。

27日発表の年次報告書によると、純利益は30億6000万ドル(1 株当たり1969ドル)と、前年同期の1億1700万ドル(同76ドル)か ら大きく伸びた。

3四半期連続となる今回の増益決算は、リセッション(景気後退) で痛手を受けた金融機関への投資を背景に、2007年以降減少していた 手元資金を再び積み増すのに寄与した。ゴールドマン・サックス・グ ループなどバフェット氏に出資を求めた企業はバークシャーに10% 以上の金利を支払っている。バークシャーの投資の動きは、昨年11 月の米鉄道大手バーリントン・ノーザン・サンタフェ買収合意で最高 潮に達した。

バフェット氏は27日付の株主あて書簡で、「過去2年間の混乱の 時期に多くの資金を投じた」とした上で、「投資家にとっては理想的な 期間となっている。つまり恐れの風潮は投資家にとって一番の味方だ」 と指摘した。

09年通期の純利益は80億6000万ドルと、前年比61%増加。株価 上昇などにより、純資産は1311億ドルと、9月末時点から4%増えた。 08年末時点と比べると約20%膨らんでいる。

第4四半期はデリバティブの利益が10億5000万ドルだった。前 年同期はリーマンショックを受け46億1000万ドルのデリバティブ損 失を出していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE